読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

[Salesforce] 重複管理(Duplicate Management)機能を試してみた

はじめに

Winter'15 ではベータ版だった「重複管理(Duplicate Management)」機能ですが、Spring'15 で正式リリースとなるようですね。
以前興味本位でケース申請したら断られた思い出が。

参考: Spring'15 リリースノート

で、今回もプレリリース組織で正式なアップデート前に Spring'15 の環境を試すことができたので
重複管理機能がどんなものか触ってみました。

プレリリース組織のサインアップ

こちらから組織を作成することができます。

https://www.salesforce.com/form/signup/prerelease-spring15.jsp

機能の概要

ざっくりと。
より詳しくはこのあたりを読むとよさげ。

Winter'15 のリリースノート

Duplicate Management Overview (Closed Beta)

  • Salesforce 組織で取引先などのレコードを作成する際、既存のレコードに似たような情報がないか検索してくれる機能
  • レコードの作成時と編集時に毎回チェックが走る
  • 「重複しているかどうか」の判定ルールはユーザーが独自に作成することが可能 (一致ルール)
  • 重複判定に引っかかった時の処理もユーザーが独自に作成することが可能 (重複ルール)
  • 対応しているオブジェクトはリード・取引先・取引先責任者のみ

設定方法

管理 > Data.com 管理 > 重複管理

より設定可能。

重複管理機能を利用するには、以下に示す2つのルールが必要です。

  1. 一致ルール: 「重複しているかどうか」の判定基準となるもの(例:「姓」が一致していたら)
  2. 重複ルール: 一致ルールで重複していると判定したときに、どのような処理をするか

一致ルールを定義する

一致ルールの一覧画面を開いたところ。日本語おかしいのはご愛嬌。

f:id:dackdive:20150106173155p:plain

ここから、「新規ルール」で独自のルールを作ります。

f:id:dackdive:20150106170317p:plain

リード・取引先・取引先責任者のいずれかを選ぶ。今回は取引先。

f:id:dackdive:20150106170231p:plain

ステップ2 で、実際にどういった条件の時にレコードが一致したとみなすか、を決めます。
今回は簡単に、「取引先名」が「完全一致」した場合とします。

f:id:dackdive:20150106170538p:plain

保存後、一覧画面で有効化します。

重複ルールを定義する

続いて、重複時の処理を決める重複ルール。

f:id:dackdive:20150106170611p:plain

同じように、「新規ルール」から。

f:id:dackdive:20150106170814p:plain

この画面で、重複時の処理を決めます。

  • 作成時・編集時それぞれで異なる アクション を設定できる
  • アクション は以下の2種類
    • 許可: レコードの作成・保存自体は可能だが、アラートまたはレポート(または両方)でユーザーに知らせる
    • ブロック: レコードの作成・保存を禁止する

また、その下のセクションで「一致ルール」を選択できるので、先ほど作成したルールを選びます。

f:id:dackdive:20150106171310p:plain

保存したら同じように有効化しときましょう。

これで完了。

使ってみる

「test」という名前の取引先を2つ続けて作成してみます。
2回目のレコード保存を実行すると...

f:id:dackdive:20150106171637p:plain

こんな感じでアラート画面が表示され、上部には重複しているレコードが表示されます。
作成時にはアクションを「許可」にしているため、このままアラートを無視して保存することもできます。

編集時に重複した時はこんな感じで、重複したままだと保存できませんでした。

f:id:dackdive:20150106172146p:plain

おわりに

一致ルールと重複ルールが意味するものさえ理解できれば設定も簡単にできますし、
なかなか便利な機能だなーといった印象です。

おまけ(重複したレコードのレポート機能)

カスタムレポートタイプを作成する時、B に重複レコード項目 を指定すると
重複したレコードの一覧がレポートで簡単に確認できるようです。

f:id:dackdive:20150106172923p:plain

ほんとにちょっとしか触ってないので、詳しくはこちら。

http://releasenotes.docs.salesforce.com/ja/winter15/release-notes/duplicate_management_custom_report_types.htm

リファレンス

「一致ルール」など単語の意味とかはここからたどるといい気がする

https://help.salesforce.com/apex/HTViewHelpDoc?id=duplicate_prevention_map_of_concepts.htm&language=ja