dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

Dreamforce'16 Developer Keynoteのメモ

今年は行けなかったので Dev Keynote だけざっと見ました。

以下、雑多なメモ。

キーワード

  1. Lightning
  2. Einstein
  3. Salesforce DX


Lightning

Winter'17 以降の新機能についてデモしながら一通り紹介、といった感じ。
(デモは 13:40 頃から)

f:id:dackdive:20161007134941p:plain

Lightning Data Service

Visualforce で言う Standard Controller みたいな感じ。
Apex 側のコントローラーいらずでオブジェクトの参照や更新ができる。

f:id:dackdive:20161007135421p:plain

デモで紹介していたのは <force:recordPreview> というタグだったけど、
開発者ガイド見る限りいくつか種類があるっぽい。

リリースノート:
https://releasenotes.docs.salesforce.com/en-us/winter17/release-notes/rn_lightning_data_service.htm

開発者ガイド:
https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.204.0.lightning.meta/lightning/data_service.htm

JS のコントローラーではこのように書ける。
<force:recordPreview> コンポーネントを Id で見つけてきて、saveRecord() で保存)

f:id:dackdive:20161007135512p:plain


Lightning Action

Classic で言うカスタムボタンを追加して、そこから Lightning Component を表示できる。

f:id:dackdive:20161007135054p:plain

わかりづらいけどカーソルのある「Smart Home」がそう。


Lightning Utility Bar

f:id:dackdive:20161007135858p:plain

画面下部からいつでも呼び出すことのできる Lightning Component。かな?

所感


Einstein

機械学習プラットフォームの Einstein。

f:id:dackdive:20161007140033p:plain

デモがよくわからなかったんだけど、Apache Kafka と組み合わせてデータを学習モデルに放り込んでごにょごにょ...という感じ。

Apache Kafka については mokamoto さんの記事を読もう。

KafkaはApache Foundationで開発されているpub-sub形式で分散メッセージング処理を取り扱うためのオープンソースミドルウェアです。 Producerと呼ばれるメッセージの送り手が、Kafkaの中にあるTopicに対してメッセージを送ります。Brokerはそのメッセージのハンドリング及び永続化を行い、ConsumerはTopicを購読してそのメッセージを受け取ることができます。

f:id:dackdive:20161007140203p:plain

train と predict だけ用意したら簡単に機械学習ができるのかな。

デモアプリ、これかと思ったけどたぶん違う。
http://www.dreamhouseapp.io/kafka/


Salesforce DX

f:id:dackdive:20161007140735p:plain

ようやく CI/CD 系の機能について発表がありました。
"Open and standard developer experience" とはまさに。

デプロイだけでなく組織の作成やデータのインポートなども行える CLI が提供されるっぽい。
sfdx ?? Force CLI はどうなるんでしょう。

f:id:dackdive:20161007140742p:plain

なんかいっぱいコマンドある。


デモでは、

f:id:dackdive:20161007140751p:plain

組織作成や

f:id:dackdive:20161007140755p:plain

組織にメタデータをプッシュ

のほか、組織からデータをエクスポートするといったこともやってました。

ただ、この機能については既に Twitter 上でいろいろ言われてるようなので
あまり期待しすぎずに詳細を待ちたいと思います。


おわりに:ロードマップ

f:id:dackdive:20161007140800p:plain