読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

Dreamforce'16 Developer Keynoteのメモ

Salesforce

今年は行けなかったので Dev Keynote だけざっと見ました。

以下、雑多なメモ。

キーワード

  1. Lightning
  2. Einstein
  3. Salesforce DX


Lightning

Winter'17 以降の新機能についてデモしながら一通り紹介、といった感じ。
(デモは 13:40 頃から)

f:id:dackdive:20161007134941p:plain

Lightning Data Service

Visualforce で言う Standard Controller みたいな感じ。
Apex 側のコントローラーいらずでオブジェクトの参照や更新ができる。

f:id:dackdive:20161007135421p:plain

デモで紹介していたのは <force:recordPreview> というタグだったけど、
開発者ガイド見る限りいくつか種類があるっぽい。

リリースノート:
https://releasenotes.docs.salesforce.com/en-us/winter17/release-notes/rn_lightning_data_service.htm

開発者ガイド:
https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.204.0.lightning.meta/lightning/data_service.htm

JS のコントローラーではこのように書ける。
<force:recordPreview> コンポーネントを Id で見つけてきて、saveRecord() で保存)

f:id:dackdive:20161007135512p:plain


Lightning Action

Classic で言うカスタムボタンを追加して、そこから Lightning Component を表示できる。

f:id:dackdive:20161007135054p:plain

わかりづらいけどカーソルのある「Smart Home」がそう。


Lightning Utility Bar

f:id:dackdive:20161007135858p:plain

画面下部からいつでも呼び出すことのできる Lightning Component。かな?

所感


Einstein

機械学習プラットフォームの Einstein。

f:id:dackdive:20161007140033p:plain

デモがよくわからなかったんだけど、Apache Kafka と組み合わせてデータを学習モデルに放り込んでごにょごにょ...という感じ。

Apache Kafka については mokamoto さんの記事を読もう。

KafkaはApache Foundationで開発されているpub-sub形式で分散メッセージング処理を取り扱うためのオープンソースミドルウェアです。 Producerと呼ばれるメッセージの送り手が、Kafkaの中にあるTopicに対してメッセージを送ります。Brokerはそのメッセージのハンドリング及び永続化を行い、ConsumerはTopicを購読してそのメッセージを受け取ることができます。

f:id:dackdive:20161007140203p:plain

train と predict だけ用意したら簡単に機械学習ができるのかな。

デモアプリ、これかと思ったけどたぶん違う。
http://www.dreamhouseapp.io/kafka/


Salesforce DX

f:id:dackdive:20161007140735p:plain

ようやく CI/CD 系の機能について発表がありました。
"Open and standard developer experience" とはまさに。

デプロイだけでなく組織の作成やデータのインポートなども行える CLI が提供されるっぽい。
sfdx ?? Force CLI はどうなるんでしょう。

f:id:dackdive:20161007140742p:plain

なんかいっぱいコマンドある。


デモでは、

f:id:dackdive:20161007140751p:plain

組織作成や

f:id:dackdive:20161007140755p:plain

組織にメタデータをプッシュ

のほか、組織からデータをエクスポートするといったこともやってました。

ただ、この機能については既に Twitter 上でいろいろ言われてるようなので
あまり期待しすぎずに詳細を待ちたいと思います。


おわりに:ロードマップ

f:id:dackdive:20161007140800p:plain