読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

Reactでフォームの項目をどう扱うか問題

React フロントエンド

メモ。

なんの話か

  • React でフォーム項目を簡潔に書く方法がわからない
  • 管理されたコンポーネントで書こうとすると、項目の数だけ state と対応するイベントハンドラが必要になる
    • 親に渡す必要がある、とかだとさらにしんどい
// 基本形
class MyFormCmp extends React.Component {

  constructor(props) {
    super(props);

    this.state = {
      name: '',
    };

    this.onChangeName = this.onChangeName.bind(this);
  }

  onChangeName(e) {
    console.log(e.target.value);
    this.setState({ name: e.target.value });
  }

  render() {
    return (
      <form>
        <input type="text" value={this.state.name} onChange={this.onChangeName} />
      </form>
    );
  }
}


どうすべきか

いくつか方法はある。
1 と 2 は微妙に違うが、「イベントハンドラを1つにまとめる」という戦略自体は同じ。

1. onChange イベントハンドラに引数で key を渡す
export default class MyFormCmp extends React.Component {

  constructor(props) {
    this.state = {
      name: '',
    };

    this.onChangeField = this.onChangeField.bind(this);
  }

  onChangeField(e, key) {
    console.log(key, e.target.value);
    this.setState({ [key]: e.target.value });
  }

  render() {
    return (
      <form>
        <input
          type="text" value={this.state.name} onChange={(e) => this.onChangeField(e, 'name')} />
      </form>
    );
  }
}


2. イベントハンドラ内で event.target.name を参照する

参考:ES2015 以降で React 書くなら form 部品での onChange で setState するのもう全部これでいいんじゃないかなあ - BattleProgrammerShibata

export default class MyFormCmp extends React.Component {
  // 略

  onChangeField(e) {
    console.log(e.target.name, e.target.value);
    this.setState({ [e.target.name]: e.target.value });
  }

  render() {
    return (
      <form>
        <input
          name="name"
          type="text"
          value={this.state.name}
          onChange={this.onChangeField}
        />
      </form>
    );
  }
}


3. (deprecated) LinkedStateMixin というアドオンを使う

参考:Two-Way Binding Helpers | React (日本語)

冒頭で

ReactLink is deprecated as of React v15. The recommendation is to explicitly set the value and change handler, instead of using ReactLink.

と書いているので使わないと思うけど。

加えて、ES2015 で書いた React コンポーネントはそのままでは Mixin を使うことができないので
react-mixin というライブラリを使う。

参考:React v0.13から使えるようになったES6のclass構文でmixinを使う - Qiita

import React from 'react';
import reactMixin from 'react-mixin';
import { render } from 'react-dom';
import LinkedStateMixin from 'react-addons-linked-state-mixin';

class MyFormCmp extends React.Component {

  constructor(props) {
    super(props);

    this.state = {
      name: '',
    };
  }

  render() {
    return (
      <form>
        <input
          type="text"
          valueLink={this.linkState('name')}
        />
      </form>
    );
  }
}
reactMixin(MyFormCmp.prototype, LinkedStateMixin);


4. (未検証) react-jsonschema-form を使う

元々は JSON Schema という、JSON オブジェクトの値の有無や型のチェックをするための仕様があって
react-jsonschema-form は JSON Schema からフォームを生成できるライブラリっぽい。

以下、JSON Schema の例。properties がフォームの項目に相当。

{
  "title": "A registration form",
  "description": "A simple form example.",
  "type": "object",
  "required": [
    "firstName",
    "lastName"
  ],
  "properties": {
    "firstName": {
      "type": "string",
      "title": "First name"
    },
    "lastName": {
      "type": "string",
      "title": "Last name"
    },
    "age": {
      "type": "integer",
      "title": "Age"
    },
    "bio": {
      "type": "string",
      "title": "Bio"
    },
    "password": {
      "type": "string",
      "title": "Password",
      "minLength": 3
    }
  }
}

実際にはこれとは別に UISchema なるものの定義が必要らしいが、ここから生成されるフォームはこんな感じ。
react-jsonschema-form playground で確認できる)

f:id:dackdive:20161019212542p:plain

いかんせんまだ触ったことがないので、スタイルやバリデーションルール含めどれぐらいきめ細かく設定ができるのか不明。


おわりに

3 は現在推奨されてないので除外。4 が一番気になってる。

1 と 2 については正直差はないと思う。
(JSX 側で state の key を知ってないといけない、という点で)

また、1 ~ 3 の方法は「入門 React」にも書いてた。(p.81 ~ p.84 あたり)

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発

入門 React ―コンポーネントベースのWebフロントエンド開発