読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

Hubotに管理画面のような静的ページを追加する

Bot JavaScript

メモ。
ブラウザから /admin にアクセスしたら管理画面みたいなものが開いて Bot の簡単なカスタマイズができる、みたいなことがやりたくて
特定の URL で静的なページを返すようなことができるのか調べてみました。

結論から言うと robot.router が Express サーバーのインスタンスになっているようなので、この変数に対して通常の Express アプリ開発と同じようなノリでできそうです。

公式ドキュメントのこちらに記載があります。
https://hubot.github.com/docs/scripting/#http-listener

Hubot includes support for the express web framework to serve up HTTP requests. It listens on the port specified by the EXPRESS_PORT or PORT environment variables (preferred in that order) and defaults to 8080.

また、Hubot のソースコードで言うとこのあたり。
https://github.com/github/hubot/blob/master/src/robot.coffee#L411

サンプルコード

CoffeeScript ではなく ES2015 で書いています。
参考:HubotをES2015で書いてHerokuにデプロイする - dackdive's blog

module.exports = (robot) => {
  robot.router.get('/admin', (req, res) => {
    res.end('Hello, World!');
  });
};
結果

f:id:dackdive:20160806113925p:plain

表示できました。

注)
$ ./bin/hubot

を直接実行するとデフォルトでポートは 8080 番が使われますが、この時は

$ heroku local web

# Procfile は以下
web: bin/hubot -a slack --require build

コマンドを使い、Heroku アプリのローカル実行として実行しています。
heroku local コマンドでアプリを起動した時、デフォルトのポートは 5000 番なので キャプチャでは :5000 にアクセスしています。


ejs などのテンプレートエンジンも使ってみる

スクリプト内に HTML をゴリゴリ書いていくのはつらいので、JavaScript のテンプレートエンジンも使えるか試してみます。
Express とテンプレートエンジンの使い方についてはこちらの記事を参考にします。

ゼロからはじめるExpress + Node.jsを使ったアプリ開発 - Qiita

$ npm i --save ejs

でインストールします。

スクリプトとテンプレートファイルのディレクトリ構成は以下のようになっています。

.
├── Procfile
├── README.md
├── bin
│   ├── hubot
│   └── hubot.cmd
├── build ...................... src をトランスパイルしたスクリプト
│   └── index.js
├── external-scripts.json
├── package.json
├── src
│   └── index.js
└── views ...................... テンプレート置き場
    └── index.ejs
スクリプト&テンプレート
// src/index.js
module.exports = (robot) => {
  robot.router.set('view engine', 'ejs');

  robot.router.get('/admin', (req, res) => {
    res.render('index', {});
  });
};
<!-- views/index.ejs -->
<html>
<body>
    <h1>This is Admin Page!</h1>
</body>
</html>
結果

f:id:dackdive:20160806115757p:plain

できました。


今後の予定

まだ軽く試しただけなので、このまま通常の Express アプリ開発と同じように、JS ライブラリや UI フレームワークを使って静的サイトを構築していけるのかはわかりません。
あと、このページで Bot のメッセージ定型文を登録・管理できるように...とかしたくなったら、データの永続化方法とかも調べてみないといけませんね。

Persistence の項を読むと hubot.brain という KVS を提供しているみたいだけど、Heroku で使おうとするとどうなるのか。