dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

gulpタスクに.envで定義した環境変数を渡すならgulp-envでなくnode-env-fileを使う

はじめに

タイトルの通り。
gulp タスクに .env のようなファイルで定義した環境変数を渡したくて、
gulp-envnode-env-file を比較した。
結論としては node-env-file の方が使い勝手が良かった。


それぞれの使い方

node-env-file
// gulpfile.js
var gulp = require('gulp');
var env = require('node-env-file');

env('.env');

gulp.task('default', function() {
  console.log(process.env.FOO);
});

こんな感じ。.env には

FOO=foo

としておくと gulp タスク側で process.env.FOO で参照できる。

gulp-env
// gulpfile.js
var gulp = require('gulp');
var env = require('gulp-env');

env({
  file: '.env.json',
  vars: {
    // any variables you want to overwrite 
  }
});

gulp.task('default', function() {
  console.log(process.env.BAR);
});

こう。
vars はオプションで、指定しなくても良い。指定すると .env.json の変数の内容をさらに上書きできる。(使いみちがわからず)

.env.json はこのように JSON 形式で記述する。(json 以外のフォーマットも対応しているよう)

{
  "BAR": "bar"
}


node-env-file が gulp-env より優れていると感じた点

実行時に変数を上書きできる

node-env-file は gulp タスク実行時に

$ FOO=hoge gulp

とすることで、.env に定義した変数を上書きすることができる。

### node-env-file の場合
$ gulp
foo

$ FOO=hoge gulp
hoge

### gulp-env の場合
$ gulp
bar

# コマンド実行時に上書きできない
$ BAR=hoge gulp
bar
オプションで、.env ファイルが存在しなくてもエラーにならないようにすることができる

node-env-file には raise というオプションがあって、これを false にするとファイルが存在しなくてもエラーにしないことができる。

env('.env', { raise: false });


別解として

node-foreman をインストールするという手もある。

$ nf run gulp


リポジトリ