読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

eslint-config-airbnbのルール内容を確認する

ESLint フロントエンド

ESLint はあまり深く考えず eslint-config-airbnb を導入していて、そんなに問題はないんだけども
たまにこちらが期待したルールが無効になってたり、逆にそんなに守らなくてもいいと思われるルールが有効になってたりして、ふと

「あれ、xxx っていうルールは今どういう設定になってるんだろう?」

と思うときがある。

で、eslint-config-airbnb の中身は実際どういうルールセットになっているのか確認してみた。


方法1:GitHub 上で直接確認する

この2つの rules を確認すれば良いと思われる。

が、複数のファイルに分かれていて、目的のルールにたどりつくのがめんどくさい。
git clone してローカルで grep するとか。


方法2:ESLint の --print-config オプションを使う

http://eslint.org/docs/user-guide/command-line-interface#print-config
によると ESLint には --print-config というオプションがあるらしく、

$ eslint --print-config file.js

というように通常の lint 実行時と同じく、対象ファイルを指定して実行する。

これを実行すると、対象ファイルに対して実際に lint チェックを行うかわりに
このファイルに対してどういった設定で lint チェックを行うか、設定(ルールセット)の方が出力される。

$ eslint --print-config index.js
{
  "globals": {
    "__dirname": false,
    "__filename": false,
    "arguments": false,
    "Buffer": false,
    "clearImmediate": false,
    ...
  "rules": {
    "accessor-pairs": 0,
    "array-callback-return": 2,
    ...
}

これを使えばいまどんなルールセットになっているのか知ることができる。

私は ESLint をグローバルインストールしていないので

$ ./node_modules/eslint/bin/eslint.js --print-config index.js | vim -R -

パスが面倒だけど↑のような感じで結果を Vim を開き、目的のルールを検索して設定内容を確認している。

--print-config は現在の設定内容を出力するので、当然のことながら .eslintrc に記述した内容は結果に反映される。
そういう意味ではオリジナルの eslint-config-airbnb のルールを確認する方法とはいえない。