読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

[Python]PelicanでGitHub Pagesにブログを構築したらスタイルが当たらなかったときの対処法

この記事の補足です。

dackdive.hateblo.jp

勉強会の時に作ったサイトに後でアクセスしてみたら、スタイルが全然当たってなかった。。。

http://zaki-yama.github.io/salesforce-developers-info/

f:id:dackdive:20151222160906p:plain

で、開発者コンソールで書いてる通り CSS ファイルが 404 になっています。
よく見るとパスが

http://zaki-yama.github.io/theme/css/main.css

というようになっていて、リポジトリ名が含まれていません。

どうやら、GitHub Pages のうち Project Pages で公開する場合は
URL が http:[ユーザー名].github.io/[リポジトリ名] となるので設定が必要のようです。

具体的には、Pelican の設定ファイル pelicanconf.py に

SITEURL = 'http://zaki-yama.github.io/salesforce-developers-info'

と書けば良いんですが、pelicanconf.py に書いてしまうと今度はローカルサーバーでスタイルが当たらなくなります。
(一度デプロイしていればいいけど、それでもローカルでスタイルの調整とかしようとかって時に問題になる)

ので、こういった場合は publishconf.py というファイルの方に SITEURL を記載し
make publish コマンドで output ディレクトリを作成します。

publishconf.py では最初に pelicanconf.py の設定を読み込んでいるので、上書きが必要な変数のみ設定すれば OK です。

GitHub に push するときは pelican でなく make publish を実行してから ghp-import output を実行し、push すれば良いです。
まとめるとこんな感じ。

# 1. User/Organization Pages の場合
# 単に `pelican` でもいいはず
$ pelican content -o output -s pelicanconf.py
$ ghp-import output
$ git commit -m '******'
$ git push origin gh-pages:master

# 2. Project Pages の場合
# (ローカルで開発中は `pelican` コマンドを使う)
$ pelican content -o output -s pelicanconf.py

# GitHub に反映するとき
$ make publish
pelican /Users/yama/workspace/pelican/salesforce-developers-info/content -o /Users/yama/workspace/pelican/salesforce-developers-info/output -s /Users/yama/workspace/pelican/salesforce-developers-info/publishconf.py
$ ghp-import output
$ git push origin gh-pages

make publish した時に表示されるコマンドを見ればわかるように、設定ファイルとして publishconf.py した状態で普通に pelican コマンドを実行してるだけのようです。