dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

[eclipse]Eclipse Keplerで開発環境を構築した

久しぶりにeclipseを使う機会があったので環境構築しました。

2014/02/01現在の最新バージョンは4.3.1 Keplerだったので
今までPCに入れていたJunoから乗り換えることにします。

ついでに、最近はiTerm2+MacVimで黒背景でプログラム書いてたので
eclipseの見た目と操作性もそれに近づけます。

今回セットアップのためにインストールしたのは以下です。

  1. Eclipse 4.3.1 Kepler : 記事執筆当時のeclipse最新バージョン
  2. Eclipse Color Theme : カラーテーマを変更できるプラグイン
  3. MoonRise UI Theme : UIを黒色にしてくれます
  4. hybrid : iTermでも使っているcolorsceme
  5. Vrapper : eclipsevimキーバインドを可能にするプラグイン

以下、それぞれのインストール&設定方法。

2. Eclipse Color Theme
Eclipse Marketplaceで「eclipse color theme」とかで検索すると引っかかります。

3. MoonRise UI Theme
リンク先のインストール方法に従ってEclipse Marketplaceなどからインストールできます。
インストール後、
[環境設定(cmd+,)]>[General]>[Appearance]から
[Theme:]でMoonriseを選択します。

4. hybrid
http://eclipsecolorthemes.org/?view=theme&id=15771
からXMLをダウンロードした後、
[環境設定(cmd+,)]>[General]>[Appearance]>[Color Theme]を開き、
下の方のボタン[Import a theme...]から先ほどのXMLファイルをインポートすると
一覧に[hybrid]が表示されます。

5. Vrapper
[Help]>[Install New Software...]を開き
http://vrapper.sourceforge.net/update-site/stable
を入力するとインストールできます。
インストール後はVimのボタンが表示されるので、
ボタンを押している間はVimライクなキーバインドが有効になります。

設定後の画面はこんな感じ。
f:id:dackdive:20140201020934p:plain
気になることは、開いているファイルタブの文字が小さくて読みづらいのと
hybridがやや寒色系よりすぎてiTermで見てる時と印象が違うことでしょうか。