dackdive's blog

新米webエンジニアによる技術ブログ。JavaScript(React), Salesforce, Python など

follow us in feedly

第24回 Tokyo Atlassian ユーザーグループ に行ってきたメモ #augj

行ってきました。入り口でなぜかノベルティの栓抜きいただきました。 話聞きながら適当にメモを取ってたので、少し整理しつつ公開します。 なお、今後イベントの告知や参加申し込みは connpass でなくこちらのサイト経由になるそうです。 Atlassian User Gro…

[Salesforce]テキスト、テキストエリア、ロングテキストエリア、リッチテキストエリア項目

ちょっとしたメモ。 カスタムオブジェクトのこれらの項目の違いについて。 特にテキストエリア項目とロングテキストエリア項目の違い、あんまりよくわかってなかったので整理しておく。 最初にまとめ 項目 最大文字数 UI 改行入力 項目履歴管理 テキスト 255…

thread-loaderとcache-loaderでwebpackのビルドを高速化する

はじめに こちらのスライドを見て。 Webpackのビルド時間を1/3にした話 #gotandajs // Speaker Deck 紹介されている thread-loader も cache-loader も知らなかった!ので、使い方やどういった効果があるのか自分でも調べてみます。 なお、スライド中にもあ…

Googleスプレッドシート:フィルタで表示されたセルだけの合計値を計算する

毎回忘れるのでメモ。 SUM でなく SUBTOTAL 関数を使う。 SUBTOTAL - ドキュメント エディタ ヘルプ 適用できる関数は色々あるが、 SUM の場合 9 を指定すれば OK。 =SUBTOTAL(9, A2:A50) A2:A50 はフィルタしてる領域の全体行。

ExpressとPassport.jsでOAuth2 (4)有効期限切れのアクセストークンをリフレッシュする

Passport.js を使ってみる回その4です。 以前の記事はこちら: [Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (1)インストールと認証までのフローを作る - dackdive's blog [Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (2)認証済みユーザー情報をセッションに保存する…

[Salesforce]承認プロセスの「割り当て先として使用するユーザ項目」について

メモです。 承認プロセスの設定で、「割り当て先として使用するユーザ項目」というのが出てくるけどどういう挙動になるのかわからず。 合わせて、その下にある「XXX 所有者の承認者項目を使用」というチェックボックスについても。 公式ドキュメントはこちら…

IDDD本もくもく読書会メモ#4(第6章 値オブジェクト)

DDD

第5章エンティティのメモが書けないまま第6章を終えてしまった。 ので、記憶の新しいうちに値オブジェクトの方のメモを書く。 過去メモ IDDD本もくもく読書会をやってみたメモ#1 IDDD本もくもく読書会メモ#2(第3章 コンテキストマップ) IDDD本もくもく読書…

Frontrend Vol.10 - 夏の終わりに納涼パフォーマンス話 に行ってきた

行ってきました。 絶対ブログ書く人類枠だったのでブログ書きます。 ハッシュタグは #frontrend。また動画が FRESH! で観られます。 FRESH! クライアントサイドパフォーマンス改善 FRESH! 鈴木雅佳 ( @sutiwo_ ) さん FRESH! 生放送動画見放題の映像配信プラ…

IDDD本もくもく読書会メモ#3(第4章 アーキテクチャ)

DDD

過去メモ IDDD本もくもく読書会をやってみたメモ#1 - dackdive's blog IDDD本もくもく読書会メモ#2(第3章 コンテキストマップ) - dackdive's blog 教材 実践ドメイン駆動設計 (Object Oriented SELECTION)作者: ヴァーン・ヴァーノン,高木正弘出版社/メー…

ExpressとPassport.jsでOAuth2 (3)認証済みユーザー情報をMongoDBに保存する

はじめに Passport.js を使ってみる回その3です。 以前の記事はこちら: [Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (1)インストールと認証までのフローを作る - dackdive's blog [Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (2)認証済みユーザー情報をセッション…

[Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (2)認証済みユーザー情報をセッションに保存する

はじめに Passport.js を使ってみる回その2です。 前回はこちら:[Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (1)インストールと認証までのフローを作る - dackdive's blog 前回まででなんとか認証先のサービス(今回は Google)で認証した後、ユーザー情報を取…

[Node.js]ExpressとPassport.jsでOAuth2 (1)インストールと認証までのフローを作る

はじめに Express で Twitter や Google の API を使った web アプリを作りたいと思い、 Node.js 用のそのような認証・認可のためのライブラリを探したところ Passport.js というのが有名そうだとわかりました。 既に日本語でも多くの記事があるものの、チュ…

MacにMongoDB(3.4.7)をHomebrewでインストールする

メモ。 3 年前にも書いたが、今これを読みながらインストールしたらいろいろ情報が古くなっていたので改めて。 環境 Mac OS X Yosemite 10.10.5 Homebrew 1.3.1 MongoDB 3.4.7 MongoDB の特徴 ↑の記事を参照。 インストール手順 基本的には公式ドキュメント…

React Hot Loader 3 と webpack 3 でHot Module Replacement(react-hmreからの移行)

経緯 dackdive.hateblo.jp これまで webpack-dev-server の Hot Module Replacement を React/Redux でも有効にするために babel-preset-react-hmre を使っていたが、いつの間にか GitHub のリポジトリがなくなっていて deprecated ぽいので別のプラグインを…

React 16で導入されたError Boundaryについて

React 16 Beta がリリースされました。 Error Boundary という概念が導入されたそうなので公式ブログをざっくり読んでみます。 はじめに:React 15 までの問題 React 15 まではコンポーネントで発生したエラーをうまくハンドリングしたり、そこからリカバリ…

[Chrome拡張]chrome.storage.localやchrome.storage.syncでストレージに保存したデータを確認・削除する

メモ。 大昔に作った Chrome 拡張に手を加えようと思い立った。 今回は chrome.storage API を使って設定内容をローカルに保存できるようにしたかったんだけど 開発時に保存したデータを確認したり、一旦削除したりするにはどうすればいいのかわからず調べて…

IDDD本もくもく読書会メモ#2(第3章 コンテキストマップ)

DDD

第1回 に続いて第2回も無事に開催することができました。 ※社外からの参加者もお待ちしています(Slack グループ) 教材 実践ドメイン駆動設計作者: ヴァーン・ヴァーノン出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2015/03/19メディア: Kindle版この商品を含むブログ …

"Redux Architecture Guidelines"を読んだ

こちらの記事を読んで。React&Redux でアプリを作る上で基本的だが重要なことが書かれていたので、後で見返すためにメモ。 なお本文は原文記事の完全な翻訳ではなくポイントだけかいつまんで自分の考えも交えたものです。 また、まとめさせていただく上で著…

IDDD本もくもく読書会をやってみたメモ#1

DDD

はじめに 経緯など 【緩募】DDDを勉強したいと言ったら社内外で何人か興味を持ってくださり、集まって書籍を読むだけのもくもく読書会なるものを始めることにしました。一緒に読書に付き合ってくれる方募集中ですので、同じようにDDDに興味のある方はお気軽…

CircleCIにssh接続したら"Permission denied (publickey)"と表示されたときの対処法

メモ。 CircleCI に SSH でログインするため に従い接続しようとしたところ、Permission denied (publickey) が表示された。 $ ssh -p 64543 ubuntu@13.59.112.96 The authenticity of host '[13.59.112.96]:64543 ([13.59.112.96]:64543)' can't be establi…

webpack 3 リリース内容まとめ

2系に上げるかどうかを悩んでいる間に 3.0.0 がリリースされてしまった。 を参考にアップデート内容をメモ。 概要、v2 からのマイグレーション 大きな feature は Scope Hoisting と Magic Comment ぐらい。 v2 からの移行も特別な作業は必要なく、たいてい…

webpack-dev-serverをExpressに組み込んで使う(webpack-dev-middleware, webpack-hot-middleware)

はじめに 1年以上前ですがこんな記事を書きました。 このときは webpack-dev-server をスタンドアロンなサーバーとして使う方法しか知らなかったのですが 既存の Express アプリに組み込んで使うこともできます。 そのためには webpack-dev-middleware およ…

react-autosuggestでサジェスト(Autocomplete)項目を作る

Google 検索や乗換検索サービスとかでよく見るこれ。サジェストと呼ぶのかオートコンプリートと呼ぶのか。 react-autosuggest というライブラリを使って実装してみます。 Codepen にサンプルコードがたくさんあります。 React のみの場合 Basic Usage のコー…

Numeral.jsのlocaleを変更して桁区切り文字をカンマからピリオドにする

日本だと桁区切り文字は,(カンマ)、小数点は. (ピリオド)だけど世界的に見ると国によって異なる。 世界各国での数字の区切り方 | コリス JavaScript で数値を扱うときには Numeral.js を使っていたんだけど、Numeral でも(Moment.js などと同じく)loca…

作って学ぶRedux Middleware

はじめに Redux で非同期処理を行うための Middleware である redux-thunk は、わずか 10 数行のこのようなコードです。 https://github.com/gaearon/redux-thunk/blob/v2.2.0/src/index.js function createThunkMiddleware(extraArgument) { return ({ disp…

Salesforce:JavaScript Remoting(@RemoteAction)をPromiseで扱う

はじめに Visualforce で Angular や React などの JavaScript ライブラリを使ったアプリケーションを作ろうと思った場合、 Apex で定義したメソッドの実行には JavaScript Remoting を使うのが一般的かと思います。 似たようなことを実現するための手段とし…

webpack+ES2015でモダンGoogle Apps Script開発

するための scaffold 的なものを作った。 gapps を使って Google Apps Script をローカルで開発するための方法については 以前 Qiita に書いた し、それにより ES2015 や TypeScript で書いて手元でビルド、みたいなことはみんなやるようになったんだけど we…

Meguro.es x Gotanda.js #1 in Drecomに行ってきた

行ってきました。 hyperapp について Jorge Bucaran https://github.com/hyperapp/hyperapp SPA を作るための 1kb の軽量ライブラリ Virtual DOM + Redux/Elm 的な State 管理 + Router Fast React や Vue は framework っぽすぎ "dependencies": {} API ド…

React/Reduxの設計に関する参考記事まとめ

最近悩んでいる React/Redux でそれなりの規模のアプリケーションを作るための良い設計について、 日頃ネットで気になる記事を漁っていたんだけど、積読がたまってきた&Twitter やら Pocket やら Qiita に散らばってしまったのでここらで一旦整理します。 …

Lightning Utility Barを作ってみた

Spring'17 から利用可能になった Utility Bar を作ってみたので、その手順を残しておきます。 とりあえず Hello, World! と表示するところまで。 こちらの記事が参考になりました。 一応、公式の Implementation Guide とやらもあるみたいだけど、 https://r…